開催中の作品展

【3人の吉田絵美展】

【3人の吉田絵美展】
同姓同名の3人の作家による展覧会です。
会期:2021.7.22---7.27
時間:12:00-19:00 最終日17:00
会場:igu_m_art
 
名前…
それは、人を識別するために記号的につけられるようなものでありながら、思いを込めてつけられ、その名前を背負って生きていくうちに愛着も生まれ、特別なものになっていきます。
「名は体を表す」とも言われるように、
名前がその人自身を象徴するものともなりえます。
それ故、同姓同名の人と出会うことは、
それだけで親近感が湧き、その人のことをよく知らなくても、同じ名前を背負って生きてきた「同志」のような不思議な感覚になります。
「吉田絵美」という名前は珍しくはありませんが、この名前を背負って同じく美術の作家活動をしているということは、何か因縁めいたものまで感じてしまいます。
また、姓名判断を信じるとすれば、
私たちは似た者同志ということになるはずですが、果たしてそうなのでしょうか?
今回の展覧会では、特にテーマも決めず、細かい相談などもせずに各々が好きなように発表します。
言わずとも通ずるような何か因縁めいたものは感じられるのでしょうか?
そのような視点からもお楽しみいただけると幸いです。
(文責:和歌山の吉田絵美)
 
吉田絵美(大阪府在住)・絵画
2011 近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻ガラス造形ゼミ卒業キラピカした画像を使って言葉にならない心の印象を描いています。
 
吉田絵美(和歌山県在住)・陶芸
1994 大阪教育大学美術専攻窯工芸ゼミ卒業
実際みたり体感したりした気持ちを大切にしながら、海をテーマにした陶芸作品を作っています。
 
 
吉田絵美(埼玉県在住)・陶芸{賛助出展}
2006 東京藝術大学陶芸専攻修士課程修了
最近は記憶していくことに興味があり、自身の記憶に残る風景を主に陶板等に描いています。